ONDO

経営陣と真剣勝負!ビジネスプランコンテスト「夢会議」に参加しました!

神保 正樹

こんにちは!中途入社2年目の神保 正樹(じんぼ まさき)です!
 
神保さんP

埼玉県は児玉郡にあるおふろcafé白寿の湯の副支配人をしています。前職は警察官でした。
なぜそんな私が温泉道場に居るのか…。その理由にも繋がる温泉道場の「夢会議」について紹介させていただきます。今年の夢会議は温泉道場の本社があるときたまひみつきちCOMORIVERにて行われました。

 

温泉道場の夢会議とは?

夢

夢会議は、1年に1回行われる2日間のビジネスプランコンテスト+研修です。新規事業や新制度など、実現したいことのあるメンバーがプランを発表して、会社や株主から出資を募ります。研修プログラムの中には、お料理対決やサバイバルゲームもあります。

当日は発表者たちによるビジネスプランのプレゼンテーションが行われました。発表者たちの社会性も考慮した素晴らしいアイデア(実現する日も近いのでここでは伏せます)が続々!
 

みなさん「夢」ってありますか?

年を重ねるにつれて、私の夢はこれだ! って言える機会は減ってきます。そもそも自分に夢があることすら忘れてしまうんじゃないかと思います。自分の夢って何だろう。私も昨年の「夢会議」に聴講者として参加し、悶々とした記憶があります。警察では叶えられない夢を捨てられず転職はしたものの、それを形にして伝えることの難しさ。夢を語れない大人になんてなりたくない。だから来年は自分もプレゼンターとしてこの壇上にあがろう。でも人に自信を持って伝えられるくらいの夢みたいなプランって…。

そうだ、夢は一つじゃなきゃいけないなんて考えが間違ってるんだ。
「よし! 今回は大好きなギャンブルをテーマにしよう!!!」
こんなぶっ飛んだアイディアと人間性でも許してくれる(たぶん)、そんな温泉道場が大好きです。

IMG_1824
そして私のギャンブルネタ!あれ私だけ場違い?
良いんです。
好きなことを仕事にするためには手段は選びません。
私も発表までの間に、幾つもの辛く苦しい視察(アミューズメントカジノめぐり)を乗り越えて舞台に立っています。簡単には負けられない! 発表者たちの熱量に比例して、経営陣や社外取締役から飛ぶ鋭い質問たち。お互いが本気になった真剣勝負です!

 

研修1日目の夜: お料理対決

1日目の夜は新卒、中途、役職を問わず一つのチームになって戦う、チーム対抗戦のお料理対決です。テーマは「創造性を超えろ!」
料理コンテスト
 

夢06

 
夢04

 
料理コンテスト2
限られた時間と予算の中で完成した作品たち。味も絶品!

 

研修2日目: 素晴らしい朝食からのスタート!

朝食を用意するのは新卒メンバーのお仕事。深夜まで語り合った朝に相応しい満足度の高い逸品「お茶漬け」を出してくれました。

 
朝ごはん
凄いポテンシャル! 

 
食材写真
さすが温泉道場に選ばれし精鋭たち。

朝食後には、初日の指摘事項を修正して再度のプレゼンを行います。想いと実現可能性をシビアにジャッジされます。

 

そしてサバイバルゲーム開始!

プレゼンが終わったら最後のコンテンツ、サバイバルゲーム。生憎の雨のため、室内のフィールドへ。警察時代の経験を元に大活躍だ!!!

 
サバイバル

……やっぱり社長は強かったです。人に指示を出す難しさ、状況判断能力、必要とされるスキルはお店の運営にも通じます。

以上、遊びも学びも仕事も、一緒になって味わえる、温泉道場の夢会議でした。夢を伝えて、欠けているものに気づき、そこからまた立ち上がる。夢を叶えるまで何度だって挑戦ができる、温泉道場の素晴らしい制度です!

 
神保01

私のプレゼンの結果? 後日談がお伝えできるように、夢を叶える努力をします! 日本中のギャンブルが私を待っている。

最後にもう一度、皆さん夢ってありますか?

 
夢02
私が今温泉道場にいるのは、ぜんぶ夢のせいだ!

神保 正樹MASAKI JIMBO

Department
旅する温泉道場/地方創生事業部
Position
地域活性化プロデューサー

筑波大学大学院からゼンショーホールディングスに入社後、地元である神奈川県警察を経て温泉道場に入社。「おふろcafé湯守座」の旅する温泉道場に支配人へ挑戦を機に旅する温泉道場に転籍。
支配人の後に地域創生事業部にて、事業開発プロデュースチームとして地域活性化に取り組んでいます。
大衆演劇に係わる様々な取り組みも精力的に行っています!

RECOMMEND

同じカテゴリの記事一覧

RANKING

CONTACT

ONDOでは、地域活性に関する事業や、施設運営のご相談、
ともに地域を沸かしたい方からの採用のお問い合わせなど
随時受け付けております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。