ONDO

ときたまひみつきちCOMORIVERにて「エストニア夏至祭」を開催しました

馬部桃花

こんにちは。ときたまひみつきちCOMORIVERの馬部です。
geshi1

この記事では、当施設で行われた「エストニア夏至祭」の様子についてお伝えします。

ときたまひみつきちCOMORIVERとは?

ときたまひみつきちCOMORIVER(コモリバ)は、埼玉県比企郡ときがわ町にあるグランピングリゾートです。
geshi2

ときがわ町は、人口約1万人の小さな町。町名の由来にもなった「都幾川(ときがわ)」のほとりにあるのが、コモリバです。コモリバは、客室数全12部屋の小さな宿泊施設です。清流が目の前という立地を生かし、近年はアウトドアサウナにも力を入れています。
geshi3

なぜコモリバで「エストニア夏至祭」?

コモリバには、エストニア製のイグルーサウナというアウトドアサウナがあります。エストニアの職人の手しごとの美しさと丁寧さを感じられる、個性的なサウナです。
geshi4

初めてコモリバで「エストニア夏至祭」を行ったのは、2021年の6月後半。2021年は、エストニアと日本の友好100周年という節目の年でした。そこで、イグルーサウナを持つコモリバから、エストニア大使館へアプローチ。コモリバという場を使って、エストニアの文化を日本の人に伝え、両国の交流を促進する取り組みができないかとご相談。それがきっかけで、「エストニア夏至祭」を開催することになりました。
geshi5

エストニアへの留学経験

このイベントを発案できたのは、わたしがエストニアに留学していた経験があるからです。2018年の9月から約1年間、エストニアのTartu Ülikool(タルトゥ大学)に交換留学をしていました。

エストニアは、日本の九州くらいの面積に約130万人くらいの人々が住む小さな国。そんなエストニアで、私はエストニアの文化と自然、それからエストニアのサウナに恋に落ちました。

あまり知られていませんが、エストニアはサウナ大国。なんと、エストニアのサウナ文化「Võru(ヴォル)地方のスモークサウナの伝統」はユネスコの無形文化遺産に登録されているのです。そして、タクシーやバスや消防車までサウナにしてしまう、そんなサウナ愛にあふれた国です。
geshi6

エストニアとのつながり

「エストニアの夏至を、日本のときがわ町で再現し、コロナ禍でも日本にいる人たちにエストニアの文化に触れてもらいたい」とエストニア大使館に相談したのが、2021年の春。エストニア大使館の協力・協賛という形で、日本でエストニアにかかわる活動をしている方々をご紹介していただきました。

そして、小さなときがわ町にエストニアの「もの」「こと」、そして「人」が集結。夏至祭のシンボル「巨大焚き火」を中心に、エストニア料理のワークショップや、エストニア食品・製品の販売、それからサウナの体験で、エストニアの文化を五感でお楽しみいただけるイベントとなりました。
geshi7

geshi8

そして、2回目の開催へ

2021年の第一回目「エストニア夏至祭」は、4月のミーティングで発案してから、約2カ月という短期間で開催。そのため、仕事の進め方も、イベントの進め方も、なにもわからないまま開催し、たくさんのお客様にお越しいただきましたが、やはりうまく進めることのできない部分が多々ありました。

その反省を活かし、2022年の夏至祭は冬から着々と準備。ウクライナ情勢等もあり、物流など思うようにいかないこともありました。しかし、地域の方と連携したマルシェ、対面でのエストニア料理ワークショップ、「小麦の奴隷ときがわ町店」とのメニュー開発、エストニアを感じる様々なサウナオプションなど、昨年よりも多様な取り組みに挑戦できました。
geshi9

「エストニア」という国の名前さえ知らない方が、コモリバにふらっと立ち寄って、「エストニアに行ってみたい」と思って帰ってくれる。その様子が、本当に嬉しかったです。
geshi10
geshi11
geshi12

エストニア大使館のみなさまもご来訪!

そんな「エストニア夏至祭」ですが、エストニア大使館のみなさまや、日本とゆかりのあるエストニアのみなさまにもお越しいただきました。夏至祭のシンボルとなる巨大焚き火を楽しんだり、川床エリアでBBQを楽しんだり。もちろんコモリバのサウナにも入っていただきました。コモリバスタッフがDIYで作った川床スライダーも、みなさまに大人気!
geshi14
geshi15 (2)

これからの取り組み

2年連続で行ってきた「エストニア夏至祭」。とても嬉しいことにいずれも好評で、これから毎年恒例のイベントとして開催し続けていくことができそうです。

これからもコモリバを、エストニアと交流し、エストニアの文化を発信し、エストニアへの理解を深めていく、そんなことができるグランピングリゾートにしていきたいです。エストニア現地とつないでリアルタイムで交流したり、生産者の方から直接エストニアの製品を輸入したり、まだチャレンジしたいことがたくさんあります。

イグルーサウナのあるコモリバでは、一年を通してエストニアの魅力を発信しておりますので、みなさまぜひ一度お越しください!

馬部桃花MOMOKA UMABE

Department
ビジネスプロモーション本部
Position
管理部(HR&カルチャー室)/副室長

北欧エストニアのタルトゥで交換留学生として1年間過ごし、北国の風景とエストニアのサウナ文化に心を奪われる。エストニアに関わる仕事をするため、温泉道場に入社。
知と知、経験と経験、偶然と偶然がつながる感覚が好き。
座右の銘は「幸福度は移動距離に比例する」。
人生の伏線をできるだけ張り巡らせるため、移動を大切にしています。

RECOMMEND

同じカテゴリの記事一覧

RANKING

CONTACT

ONDOでは、地域活性に関する事業や、施設運営のご相談、
ともに地域を沸かしたい方からの採用のお問い合わせなど
随時受け付けております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。